脱サラリーマン36の図書館通い

冬季オリンピックに魅力を感じず、開催期間すら把握していなかった私ですが、テレビをつけるとどこかのテレビ局で何かの種目がかならずやっているという状況でしたので、日本選手の成績はなんとなく把握しています。昨日はカーリングの日本×スウェーデンがやってました。日本劣勢で終盤まで来たので、チャンネル変えて、だらだらしてそのまま就寝して、朝起きたら日本が勝利していました。

今日は朝から図書館でネット記事の作成に勤しんでいます。妻に作ってもらったおにぎりを飲食禁止のパソコン専用席でこそこそと食べるのにもだいぶ慣れてきました。通い始めのころは、見られてもいないのに新人が入ってきたぞみたいな目線を感じて、キーボードを打つ手もぎこちなくなっていた私ですが、今ではおにぎり3つとゆで卵を隠れて食べれるまでに成長しました。

今日は隣の席に私(36歳)より少し若いお兄さんがいます。パソコン専用席なので隣のお兄さんもパソコンを使用しているわけですが、となりに人が来るとキーボードを叩く音が気に障って少しイライラします。30代前半の男性はキーボードを必要以上に強く叩く(と勝手に思っている)ので、今日はハズレの日です。ちなみに朝にやってる占いも山羊座が最下位だったので、ある程度覚悟できてましたけどね。

最近の趣味と言えば、韓国ドラマ観賞

毎週休みの日と言ったらDVD観賞である。何を見るという特別なことはないが、韓国ドラマが好きで観ています。特にこの俳優という人がいるので目の保養になる。イ・ジョンソクは若手の時から人気でモデル経験があるから、身長も高く体型も痩せていて、何よりもイケメンである。

あるドラマで共演した、ハン・ヒョジュとお似合いで、美男美女とはこういうことなんだと思った。さらに、ジョンソクはキスも上手いからハマってしまう。他にも韓国俳優いるのだろうけど、彼の作品は全部リピートしてしまう。

いつかは韓国に行きたいと思うほど、ハマるなんてと思っていたが、韓国ドラマだけではなく、韓国歌手もよく聞いている。魅力はたくさんあるが、何と言ってもドラマと歌手が人気なのではないでしょうか。日本に来日したり何かと日本と関わりがあるのだから興味深く思っています。

いつかは日本のドラマに出演してほしい俳優の1人であり、日本にファンサイトがあるくらいの人気者だから、ぜひともドラマにたくさん出演してほしい。彼は今年、軍人として活躍する予定だそうだから、その前に彼の出演作品は全て制覇したい。だから今年もドラマや映画に主演して、視聴者を虜にしてくれるだろう。私もその1人である。

私の知らないところで様々なドラマが・・

一見仲の良いママ友グループがありました。

私はその中にある人を介して随分と後から参加させてもらい、皆仲良くてとてもいい人そうだなって思えていたんです。

でも、グループラインに招待された時点でちょっと違和感がありました。

現在稼働している人の人数と、一切絡んでこない人の人数が半分半分、こういうグループラインに所属したこと自体が初めてで、最初の頃は全くわからなかったんですが、私の自己紹介だってまあ、絡みたい人だけ絡んでくるものだとちょっと不思議に思いながらも絡んでくれる人と仲良くしようと思っていたんです。

でも、実際、稼働しているのは全員コンスタントに会いますが稼働していない人には一切会いません。

ということは、以前は稼働していて抜けて言っているということですよね。

でも、それが私が入ってからもありました。

ほんと、昨日まで仲良くしていたのに、突然、一切絡まなくなったんです。

そしてそのまま一切顔を見ていません。

女同士ってこういうことが頻繁になるのか、誰一人そのことについて語ることもなく、残されたメンバーはこれまで通りキャッキャしています。

なんか闇を見たkがします。

何があったのか、だれか教えて欲しいけど聞けません。

アラサーで始めた鉄道模型

「金のかかる道楽はやめておけ」父が私にのこした教訓である。

おかげで、私は趣味にお金をかけない、良く言えば倹約家。悪く言えばケチな人間として20代を過ごした。

ホラー映画に傾倒した頃も、劇場で見る際は必ず前売り券を購入し、もちろんポップコーンもジュースも買わなかった。DVDレンタルは旧作のみで購入の際はレンタル落ちを狙い撃ち。

とにかく、趣味はお金を使わずに楽しむ主義を貫いていた。

そんな私が、幼い頃からずっと憧れていた趣味がある。

それは、鉄道模型。

鉄道模型は、お金のかかる大人の道楽である。場合によっては一財産食い潰すことさえ可能な恐ろしい道楽だといえる。

父の教訓を守り、私は鉄道模型には手を出さずに過ごしていた。

しかし、30歳を過ぎたある日、私は唐突にそれを手に入れてしまったのである。

それは、誕生日プレゼントとして私の手元に舞い込んできた。

かわいらしい包装紙とリボンに包まれていた、ブルートレイン富士。

私が幼い頃から憧れ続けていた寝台特急車。

ちなみに贈ってくれたのは今でも付き合いが続いている恋人からである。一度、私が泥酔して語ったブルートレインへの憧れや、その鉄道模型への欲望を覚えていたらしい。

それから約3年。私の鉄道模型はイメージ通り金のかかる道楽だったかというと、まさにその通りで、父の教訓に反する形で毎月そこそこの金額を鉄道模型に費やしている。

もちろん、もういい年なので生活が破綻するほどは使わないが、それでも給料の10%程度は毎月使っている。

20代を我慢しつづけたのだから、少々はいいだろうと自分を正当化する日々である。

その気になれば、どんな野菜もサラダになる

野菜高騰が久しいです。

サラダを作るのも一苦労・・・と思われがち。

しかし実は、野菜であればなんでもサラダになるものなのです。

レタスもキャベツもブロッコリーも高くて買えませんが大丈夫w

例えば根菜類。

ニンジン、ジャガイモは茹でてからドレッシングで和えればサラダになります。

ニンジンは生でも大丈夫!

大根やゴボウも生でサラダにできますね。

カボチャだって、ポテトサラダのように他の具材と合わせてマヨネーズで味つけすればもうサラダです。

たんぱく質との合わせ技も有効です。

茹で卵、ハム、茹で鶏、ゆで豚、豆の水煮などなど。

実際デリやデパ地下の惣菜コーナーなどでは、こういった材料を使ったさまざまなサラダが販売されています。

野菜が高いからサラダ作るの大変!と諦めるのではなく、様々な野菜で作れるサラダを探求すると、料理のスキルも向上しますよ。

そもそもヨーロッパでは、サラダというと温野菜がメインだったりします。

無理にレタスやキャベツ、葉野菜を使う必要はないのです。

栄養面を見ても、冬は温野菜で体を温めた方がいいです。

比較的安い根菜などを使うのが合理的なんですね。

季節が巡って、レタスやキャベツが豊作になり値段が落ち着いてくれるその日を待ちながら、安い野菜で工夫してサラダを味わいましょう。

キムタクさん見ませんでしたか?

仕事の打ち合わせまでの待ち時間、大学近くの喫茶店でコーヒーを飲んでいると、隣のテーブルで本を読んでいる学生にその学生の知り合いらしい別の学生が近づいてきて質問した。

「キムタクさん見ませんでしたか?」

聞かれた学生は「知らないよ」との返答。

どうやらその学生は「キムタクさん」と待ち合わせをしているのに、なかなか来ないみたいで、LINEも既読にならず、電話も何度かけても通じないそう。

「キムタクさん」なんて、どんなイケメンがやってくるのだろうと正直少し心待ちにしていた。

しばらくして、走ってきたのか息も絶え絶え現れた「キムタクさん」は、女性でお世辞にもイケメン・綺麗とは言えないような子だった。

その後の二人の話に聞き耳を立てていると、どうやら「キムタクさん」は「キムラタクミさん」らしい。

名前を略すとそうなるのだからしかたないとは言え、30代中盤の自分たちの世代なら「キムタク」なんてあだ名はそう簡単にはつけられない。

流石にそんなあだ名をつけられたら荷が重いし、きっといじられているだけだと思うから。

SMAP解散してしばらく経つけど、いまどきの大学生にとってのSMAP・木村拓哉は30代が持つイメージとは違うんだろうなぁと感じるオジサンなのでした。

明日は病院に行ってきます

明日は病院に行くのでドキドキしています。
行く病院が産婦人科だからです。

この前、妊娠検査薬を使ってみると陽性反応が出ました。
陽性反応が出て、2週間ほど経つのですが、ちょうど旦那さんも産婦人科に一緒に行けるということなので、付いてきてもらうことになりました。

初めてのことなので、ドキドキしますが、もしも本当に妊娠だとすると、これから忙しくなります。
また、妊娠したからといって油断はできずに、体調管理を気をつけていないと、大変なことになることもあるので、これからはしっかりと栄養をつけて、体調管理をしていきたいと思います。

緊張はしますが、私の年齢ももうそろそろ出産をしておかないとこれからの体力がなくなるので、ちょうど今がいいときなのかもしれません。

母親にも、妊娠検査薬が陽性反応だったことは伝えているのですが、結果が分かったらすぐに連絡をしたいと思います。
また、つわりがあるのかどうかが気になるところなのですが、今のところは食べ物は普通に食べれているので良かったなと思います。

明日になるまで今からかなりドキドキしています。
結構人気な産婦人科のようなので、待ち時間が長いことが予想されるので、覚悟をしておきたいと思います。

いよいよ始業

私は2017年の12月29日から会社でお休みをもらっていたので、実に12日ぶりの出勤となりました。11連休は社会人になって以来はじめてのことだったので、まだ少しふわふわとしていますが、無事に会社に出勤し始業しております。

この年末年始は、久々とゆっくり自分のことを進める時間をたくさん取ることができました。読書、ジム、恋人との会話、友人との会話、初詣、少し手の込んだ食事などなど。その中でもこの正月は特に読書とDVDを沢山みて新たな価値観を体に吸収させた日々でした。

読書はまずこの11日間で合計7冊も読むことができました。普段は月に5冊程度なので、とても充実した読書タイムでした。また普段はビジネス書が多い中、今回は小説ものであったりストーリーをもった書籍をゆっくり堪能しながら読むことが出来たのが良かったです。

またDVDも見ることができました。DVDと言ってもアーティストのライブや映画などではなく、主に書籍に付録されているようなものです。色々な経営者の方の考え方を映像を通して学ぶことができとても楽しい時間でした。

11日、というタイムラグもありますがこういった時間の過ごし方をしていたため、なんだか別人になって出勤している気分。

今年一年もしっかり仕事をしていきたいと思います。

君の名は。をみました

ついに大ヒット映画「君の名は。」が地上波テレビで放送されたので観ました。

私は元々映画はあまり観ないので昨年の公開時は行っていません。

でもかなり話題になっていたので気にはなっていました。

小学生の娘は昨年祖母と映画を観に行き、感動していました。

たぶん低学年の子なら難しいでしょうが高学年だし女子なので恋愛の気持ちとかももうわかるんでしょうね。

詳しいストーリーはここでは書きませんが、勝手に自分が思い込んでいた内容とは違っていました。

男女が入れ替わるというのは色々なところで耳にしていて知っていたのですが、私は全然違う年代の二人が入れ替わって、一生実物には会えないで終わる話だろうと思っていました。

つまり相手はもう100年くらい前の人だったとかそんな話かな、と。

なぜそう思ったのかな。「前前前世からなんちゃら」と言う主題歌をよく耳にしていたのでそのせいで勝手にそう思ったのかもしれません。

あと、隕石が落ちてきてどうのという話も、映画を見るまでは全く知りませんでした。

入れ替わりだけじゃなくタイムマシン物のハラハラドキドキ感、そういういろんな要素があって大ヒットに繋がったのかなという気がします。

とにかくなかなか面白い映画でした。