キャッシングの申込みは信用情報と照らし合わされる

キャッシングの申込時に記入した内容は、スコアリング審査を通過すると本審査段階で信用情報と照らし合わせることになります。金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会を行えば、過去5年間の金融取引が確認出来るので、金融事故の有無がすぐに分かります。

他社へ申告している内容と相違があれば、その時点で審査落ちとなりかねません。新たにキャッシングの申込みをする前には、他社契約があれば事前に勤務先や連絡先情報を更新しておくと良いでしょう。金融業者が行なう本審査では、申込者がどの程度正直で信用に値するのかという点を審査するので、年収の大小よりも信用できるかどうかという点が重視されます。

まずは審査に通過した上で利用限度額が決まるので、審査落ちを避けるためにも個人信用情報機関へ登録されている信用情報は最新になるよう注意すべきです。