住宅ローンの借り換えを考えて新しい取引先を紹介してもらっていました

住宅ローンの借り換えを考えて新しい取引先を紹介してもらっていましたが、会社から解雇されたのがばれてしまい契約を破棄されました。私としては解雇された事を伏せながらこの話を持っていきたかったのですが、勤務していた焼肉店に担当が挨拶に行ったらしく、その時に従業員が会社を辞めた事を言ってしまったために、解約を宣告されました。

借り換えをお願いする際に当初、給与明細を提出していましたが、私個人の収入では査定が降りずに妻の収入を考慮してもらい何とか借り換え承認にこぎつけました。しかし私が会社から解雇宣告を受けてしまったために、銀行側としてはそれまで在籍していた会社からの収入が前提での借り換え承認だったので、会社を辞めてしまっては借り換えできませんと言われあっさり断られました。

何とも無慈悲な銀行の態度だと思います。今後の事など知らんといった感じで対応してきましたので、世の中金の切れ目が縁の切れ目という事を初めて体感しました。そこから慌てて今まで契約していた銀行に電話をして契約の継続をお願いしました。

そうすると担当者はほっとしたような声で審査しますのでまた連絡しますと言われました。ここからまた審査かよと思いましたが、もう頼りにできるのはこの銀行しかありませんので、全てを任せたいと思います。