君の名は。をみました

ついに大ヒット映画「君の名は。」が地上波テレビで放送されたので観ました。

私は元々映画はあまり観ないので昨年の公開時は行っていません。

でもかなり話題になっていたので気にはなっていました。

小学生の娘は昨年祖母と映画を観に行き、感動していました。

たぶん低学年の子なら難しいでしょうが高学年だし女子なので恋愛の気持ちとかももうわかるんでしょうね。

詳しいストーリーはここでは書きませんが、勝手に自分が思い込んでいた内容とは違っていました。

男女が入れ替わるというのは色々なところで耳にしていて知っていたのですが、私は全然違う年代の二人が入れ替わって、一生実物には会えないで終わる話だろうと思っていました。

つまり相手はもう100年くらい前の人だったとかそんな話かな、と。

なぜそう思ったのかな。「前前前世からなんちゃら」と言う主題歌をよく耳にしていたのでそのせいで勝手にそう思ったのかもしれません。

あと、隕石が落ちてきてどうのという話も、映画を見るまでは全く知りませんでした。

入れ替わりだけじゃなくタイムマシン物のハラハラドキドキ感、そういういろんな要素があって大ヒットに繋がったのかなという気がします。

とにかくなかなか面白い映画でした。