日本の地震の発生について思うこと

確率論的地震動予測地図とは、日本とその周辺で発生する全ての地震の位置・規模・確率に基づいて、地震動の強さ・期間・確率の関係情報を扱い、各地点がどの程度の確率でどの程度揺れるのかをまとめて計算し、その分布を地図に示したものです。日本は頻繁に地震が起こる地震大国といわれており地震は私にとっても恐ろしいものだと考えています。

特にわたしの住む場所の近辺も地震の危険性の高い場所なので今から恐ろしく感じています。今後30年で巨大地震が起こる可能性が非常に高い場所が北海道や本州などとても多いのでわたしも心配しています。いつ地震が来てもあわてないような準備が大切なのかもしれません。

1889年(明治22年)7月28日23時45分に発生した、熊本県熊本地方を震源とするM6.3の直下型地震もあったので震災に備えることは非常に重要だと思います。