今になって「家庭科」の勉強をするとは・・・

筋トレのことなのですが。

僕は今まで「筋トレは、気合と根性だ!とにかくやれば、筋肉は大きくなる!」と、思ってました。

それで、きちんと定期的に筋トレをしていたのですが、なかなか理想としている筋肉になりません。

先日、筋トレ仲間に「俺、ちゃんと筋トレしてるのに、なんでたいして大きくならないのかね・・・?」と聞いてみました。

ちなみに僕の身体は、身長が174cm、体重が60kg、体脂肪率が7%、筋肉量が52kgです。筋肉質ではあるんです。

仲間のJが「飯、食ってますか??」

僕「少食だけど、ちゃんと食べてるよ。」

J「それじゃ、ダメですね。」

僕「??何が??」

J「筋肉がデカくなる時は、必ず体重が増える時なんです。だから、めっちゃ食って、体重を増やさないと、筋肉はデカくなりませんよ。」

僕「そうなの!?」

J「それに鶏肉ばっかでもダメです。P:タンパク質、F:脂質、C糖質、をきちんとバランスよく食べないと意味ないです。」

僕「中学の家庭科で習ったな・・・アレか!!」

J「そうです、アレです。家庭科が大事なんです。」

僕「俺、主要5科目しかちゃんとやってなかったなぁ・・・家庭科、大事だな。」

J「タンパク質だけ摂っても、吸収される量は決まってるんで、エネルギーが足りず、筋肉が壊れますよ!」

僕「そうなんだ・・・米を食うかな。」

スポーツは科学です。改めて思いました。

はじめてピーリングジェルを使ってみました

先日、いつも使っている洗顔料がなくなったので、ドラッグストアへ買いに行きました。

最近、鼻の頭から頬にかけて毛穴や顔全体のくすみが気になっていたので、毛穴の汚れをすっきり落とせる洗顔料を探していました。

そのとき目についたのが、ピーリングという文字。

よく見てみてると、ピーリングの商品がたくさん並んでいます。

今まで、ピーリングに関心がなかったためか、全然気づいていませんでした。

ピーリングとは、お肌に溜まった古い角質をポロポロと落してくれる。

ということは、私のこの毛穴は目立たなくなりくすんだ肌は明るくなるんじゃないかと思って、ピーリング商品を買うことにしました。

ひとつひとつ手に取って、使い方や成分をチェックしました。

テスターが置いてある商品はいいですね。

実際に手の甲につけて試してみました。

そうして選んだのが、

DETクリア ブライト&ピール ピーリングジェリーです。

お風呂の時に使えること、無香料・無着色、

パラベンフリーなど、余分な成分が入っていないのが気に入ったこと、

老舗メーカー、明色化粧品だったことが決め手になりました。

実際に使ってみると、すぐにポロポロと出てきます。

何これ、私の顔って、こんなに古い老廃物が溜まってたのと驚きました。

洗い流したあとの手触りは、スベスベで感激しました。

あとのスキンケアのなじみもよく、お化粧のノリもいいように感じます。

毛穴も目立たなくなって、顔色も白っぽくなりました。嬉しい。

やりすぎると肌を痛めてしまうようですが、

週1~2回使い続けてみたいと思います。

ファミリーレストランでの会話が気になる

ファミレスで、席が近いと話している内容が聞こえてきたりしますよね。

その人たちの声が大きいとなおさらですが。

大人の女性3人、男児1人の4人で来ていた人たちの会話がつい気になってしまいました。

話の内容から、どうやら学校の先生をしている人たちらしいのですが、内容がどうも教職者とは思えず…

好きになった相手に奥さんがいただけ、とか

結婚してるしていない別にして、どの先生がいい?とか…

いや、別にしちゃダメでしょ!

ていうか、子供の前でその会話どうなの…

ふと見ると、座席の背もたれの上に座っている子供。

おそらく小学校低学年だと思いますが、親が親だから仕方ないよね。

大きな声でギャーギャーと恥ずかしい話を繰り広げ、最後に生ビールを飲み干し出て行きました。

居酒屋でよくね?

冷静に娘と接することができた稀な日

今日も早朝から仕事。

さーて準備もできたことだし職場に向かおうと玄関まで行くと、「ままぁ?!」と娘(4歳)の泣き声。

急いで娘のもとへ向かうと「行かないで」と大泣き。

もう4歳。されど4歳。

朝起きた時ママがいなかったり、ふと目覚めてママが外へ出ようとする時、悲しくなって当然。

それでも仕事には行かなければならないから何とか宥めるも、断固として譲らず。

そこである提案。「ママ、早く帰ってくるから一緒に保育園行こう?だから待っててくれるかな?」

すると、素直に頷く。そしてか細い声で「ママ、行ってらっしゃい。」と。

後ろ髪引かれながらも出勤m(__)m

何とか仕事を終えて帰ると笑顔の娘。

疲れた身体が癒された瞬間。

早朝の仕事がない時は怒ってばかりで泣きながら登園することが多いけど、今日はゆっくりと娘のペースに合わせながら残りの準備をして仲良く笑顔で登園。

こんな日もいいなとしみじみ思った。