雪国の宿命?ガタガタ道と鬼渋滞

本格的な冬らしい季節になってまいりました。

私の住んでいる北海道は早朝刺すような氷点下の世界。かと思えば日中天気が良ければ道の雪が軽く溶けるような暖かさ(とは言っても大体0度か1度)。そして陽が沈むとまたしてもどんどん気温が下がるまさに試された大地であります。

そんなんだから日中中途半端に溶けた道路の雪が夜にまたカチカチに凍り、翌日また溶けるの繰り返しで幹線道路から一歩入った中道などはいたるところに穴ぼこだらけのガタガタ道路。運転に集中しないといきなりドカン!と穴にタイヤが落ちてびっくりするし最悪車に強烈なダメージを食らわせます。

そして昨年末には記録的なドカ雪で除雪が間に合わず、普段片側3車線の道路が1車線になっちゃうくらいの異常事態がややしばらく続き、連日連夜の大渋滞。普段1時間もかからない道のりが3時間走っても着くか着かないかの大混乱でした。

雪が無くなるのはちょっとだけ寂しいけど、もう少しだけ春よ早めに来てください!

スマホの位置情報検索使うのに設定が必要だと知らなかった

お昼休み中、私のスマホに公衆電話からの着信があり、不思議に思って出てみると、主人からでした。

携帯を車の中に落としたみたいなんだけど、見当たらないから、電話をかけてくれないかとのこと。

何回もかけてみたけれど、主人からの応答はなし。

留守電の音声が流れるばかりなので、どうやら車の中にはない模様。

外に落としてて、壊れたり、誰かに悪用されたりしたら嫌だな~と不安になってきました。

しかも、主人のスマホ、1ヶ月前位に交換したばっかりだったんです。

見つかってくれ~と祈るような気持ちで、何度も主人のスマホにかけたけど、誰も出てくれません。

昼休みが終わる間際に、公衆電話から、主人がダメだったと連絡をしてきました。

最悪の場合を考えて、回線を休止してもらわなければと思い、主人に近くのショップに行くことを勧めました。

見つからなかったらどうしようとブルーな気持ちで仕事を終え、主人の帰宅を待つ時間のなんと長かったことか。

それが、昨日のこと。

スマホはまだ、見つかっていません。

GPSの設定をしていなかったので、位置情報検索もできないそうです。

私のスマホ、そんな設定した覚えないけど、普通に検索できたけど。

携帯会社によって違うんですかね?

つい最近、交換したばかりだったので、また交換となると、保険を使っても、SDカードとか諸々含めて1万円位かかるみたい。

見つかるまで、もう少し、待ってみてもいいのかな?

とりあえず、今日は、主人に私のスマホを持っていってもらいました。