夢ノートの威力!

先日書いた私の夢ノートに、食器洗い乾燥機のある生活というページがありました。何の意味もなく、家族のLINEに乗せたところ出産祝いにプレゼントしてくれるというのです。

もちろん新品ではありませんが、中古でも十分使える良いものを贈ってあげるという事で本当に驚きました。夢ノートは、数年前から私が作成している自分が叶えたい出来事を綴ったノートです。

欲しい服や食べたいもの、生活に取り入れたいと思ったものなどの画像を印刷してノートにスクラップしたものです。その一ページを載せただけなのですが、まさかこんなに早く叶うなんて思ってもいませんでした。それまでの私は、義父との同居もありストレスが溜まっていたようです。

どうすればストレスを解消できるか?何が私の幸せなのか?これを追求したところ、この食洗器に辿り着きました。やみくもにストレスを抱えるのではなく、どうすればよいか?解決方法を考えることはとても大切だと思いました。これから産後もストレスが溜まるかもしれないので、事前に叶えたい事・やりたい事・挑戦したい事をノートにまとめてみました。

このノートを眺めるだけでもストレス発散になるだろうし、楽しい気持ちで育児が出来るかなと思ったからです。これからも夢ノートを作成しながら一つずつ叶えていきたいと思います。

2歳児の残酷な発言

お喋りが大好きな2歳の息子。

最近では、段々と口が達者になってきているのですが、今朝も起きるなり、私の枕元へ来てお喋りを始めました。

「ママ可愛いねー。◯◯くん(息子)も可愛いでしょ?◯◯くんは、お口のところが可愛いの。パパは可愛くない。パパはお目めのところが怖い。」と…。

横で聞いていた夫は「地味に傷ついた。◯◯くん酷い…。」とショックを受けていました。子供の発言って、時に残酷ですよね…。

でも、私から見て、夫の目は別に怖そうな目ではありません。特に鋭い目つきでもなければ、ツリ目なわけでも無い、普通の二重瞼の目です。

私が思うに、恐らく息子の発言は本心ではないのです。

息子は、よくパパを傷つける発言(「パパは好きじゃない。」等)を、笑いながら、敢えてパパの前で言うのですが、そうすると、パパからは何らかのリアクションが返ってきます。そのやりとりを楽しんでいるのではないかと…。

その証拠に、今朝もパパから「◯◯くん酷い…。」と言われた後は、嬉しそうに笑っていました。

子どもの発言は時に残酷ですが、多分、そこまでの深い意味がない場合も多いような気がします。

とは言え、今回のように、相手が家族内の誰かだったら良いのですが、今後のお友達付き合い等を考えると、こういう発言はあまり良くないなと感じます。

また同じような事があったら、「そういう発言をすると、相手が傷つく。」という事を息子に伝えていかなければ、と思いました。

中年オヤジのハスラーで一人車中泊の旅をして

一人旅が大好きです。無駄な時間とお金をかけず一人の時間で行きたいところ、見たいもの、、食べたいものを満喫したいと日々思っておりました。ホテル等への宿泊は季節や曜日によって予約が取れなかったり料金がシーズン料金で高かったりし、朝食はつきますが夕食はホテルから出て食べなくてはいけない事が多く、チェックイン・アウトの時間を気にしながら観光をしなければなりません。

かねてからそんなストレスを解消するには車で寝てみてはどうかと思っておりました。キャンピングカーほど仰々しい物も予算も必要なく今持っている軽自動車でと密かにネットで調べました。

私の所有しているスズキハスラーという車は決して広い車ではありませんが座席がフルフラットになり、助手席とその後ろの席を倒せば大人一人十分眠れるスペースがあります。運転席とその後ろの席に荷物をおけば1~2泊の車中泊は十分可能です。食事はすべて外食やコンビニ買いで済ませます。観光し、宿泊代の費用をその地のおいしい名物や、B級グルメなどの食べ物に回し、日帰り温泉やスーパー銭湯を使いゆったりした時間の中で好きな時間に寝ます。冬場は東北方面は積雪の関係で足が向きませんが、これから春は桜を追っていきたいと思います。

家計担当に必要なこと!

私は、主人・四歳の息子・70歳の義父とそれからあと2週間で生まれてくる女の子のママです。日々の家計管理は私が行っています。でも、車のローンと奨学金の返済などで毎月カッツカツの生活をしています。義父との同居が始まり半年になりますが、食費がかかり量もかなり作らないと満足してもらえないのでとても大変でした。

でも最近になってやっと気づいたことがありました。それは、雑誌に載っている節約術が必ずしも我が家の家計管理には合っていないということでした。男性二人分と私のお昼、週一回の幼稚園弁当を作らなければならないので食費が5万ほどかかります。

これを削ろうと思って色々な節約メニューを試してみたのですが、主人からはブーイングの嵐、そのせいで結局私はストレスでカフェにお金を費やす日々を送っていました。これでは何のために節約しているか分かりません。この問題点に気づいたのは結婚後5年が経ってからでした。

今の私なら何にお金を使い、何を削ればいいのか分かります。時間の節約、効率の良さ、家事の段取りが一番重要だということがやっとわかったのです。これからはこの気づきを大切にして、新しい家族を迎えたいと思います。やっぱり夫婦仲が良い家庭には秘訣があるのだと改めて感じました。これから家計担当として家族が喜ぶお金の使い方を工夫していきたいと思います。

最近の旦那氏のツボりどころは。

一緒に暮らし始めてから月2のデートなどで車移動の距離が長くなくなり、旦那氏が喜んでおられました。

なぜかというと、走行距離が今まではうちの実家まで行っていたので、結構走るので大変だったようで、ちょっとでも長く乗れるようになったということでした。

私も車などの生活必需品は長く使って欲しいのでそう思ってもらえたのは嬉しいなと感じます。

「最近あんまり長く乗らなくなったからよかただ」と大ウケしていた時には一瞬どうしたと思ったけれど、その分長く乗れるのは良いことなのかなと、そう思えたらわからなくないので可愛いなと笑ってしまいました。

また最近は引っ越して職場も近くなったため、そういう意味でも燃費などに関係しているらしく、だいぶ助かっているようなことも言っていました。

職場近くのおうちを借りることにしてよかったかなと感じます。

ここからだと旦那氏の実家もそれほど遠くないので、旦那氏の家族が顔を見せに来たり、顔を見せに行ったりできるというメリットも付いてきたので、ご両親も大喜びでした。

そして何よりも旦那氏が飼い猫に会えるかどうか、で毎回ツボっていて楽しくて良いなと思います(気まぐれくんな性格の子なので会えないこともあるため)。

体重オーバーのプロボクサー、無期限の出場停止へ

先日行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチに於いて計量オーバーの為にタイトルを剥奪されたメキシコのルイス?ネリ選手に対して無期限の出場停止処分が言い渡されました。

過去に山中慎介選手に勝ちバンタム級のタイトルを獲得したにも関わらずその時はドーピングに引っ掛かり、今回は今回で体重を2キロ近くオーバーすると言う体たらく、お陰でタイトルマッチになる予定だった試合は没になり、挑戦者である山中選手もモチベーションが下がったでしょう。

その影響があったかどうかは不明ですが試合は山中選手が4度のダウンを奪われ2回TKO負けと言う結果に終わってしまいました。

勝者となったネリ選手ですが、当然日本では批判が殺到、もちろんWBCとしてもこの事態を放っておく事は出来なかったのでしょう、今回の厳罰となった訳です。

ボクシングと言うスポーツはただリングじょうで殴りあうスポーツではなく、体重別に階級が決められており、体重管理のきちんとしないありません。つまり山中選手はジムでのトレーニングだけでなく、計量をパスするために厳しい体重管理もしてきた為に今回の結果については許しがたいものがあったでしょう。

この試合を最後に現役を退いた山中選手、今後はネリのような選手をリングに沈めるような良いボクサーを育成してほしいと思います。