ゴールデンウィークに備えて、図書館で本を借りてきました

ゴールデンウィークを、出来るだけ安上がりに楽しく過ごそうと考えています。

しかも有意義に、生産性のある連休にしたいです。

家庭菜園が忙しいですが、それだけではなく家の手入れもしたいです。

何か美味しいお菓子も作って、お茶を楽しみたいです。

けれどもあまり忙しくすると、働いているのか休んでいるのか分からなくなります。

あまり動きたくない時には、ゴロっと横になって本を読もうと思います。

本は好きですが、文庫本のような細かい字の本は、普段は読みません。

日ごろからパソコンワークをしているので、視力低下が心配だからです。

連休は、好きな本を読める絶好のチャンスです。

今日、図書館に行ってきました。

三冊の小説を借りてきました。

ついでに、節約本のコーナーも見ました。

ちょっと立ち読みしましたが、これといった本は有りませんでした。

ただ調理の節約術を勉強できました。

特に面白かったのは、牛乳パックの厚みを半分に剥がして使うというアイデアです。

剥がした内側の面を使って、天ぷら紙として使うのだそうです。

健康に関する本の棚も見ました。

和食の薬膳の本を見つけました。

最近肩こりや疲労が気になるので、これも借りてきました。

連休中、有意義な読書ができそうです。

ずれた間の悪さも、それが君のタイミング

懐かしの天才テレビくんです。

一人で部屋で飲んでる時なんか、よく幼少時代に聞いてた曲をYouTubeなんかで聞きたくなります。

とまあ、話は変わりますが私、退職することになりました。

辞めると周りに宣言してから一体どれだけの月日が経ったことやら。

けど、ずれた間の悪いタイミングだったかもしれないけど、意外とそれが最高のタイミングだったりするってことも、あるかもしれないんだよね。

正直、先の事は何も決まってないんだけど、巡り巡って何とかなる。

もう少しで退職するから、こんな事言うのも変な話だけど、今の職場で働けて良かったと思う。

価値観はかなり変わったし、とても良い経験ができた。

まずは自分の内側を大切にすること、周りから孤立しても意外と何とかやっていけること、職場で朝ヨガをするようになったこと。

これらの経験を踏まえて、次回からの職場では、自分の内側を大切にしつつも周りの仲間達と誠意を持った関係を築くこと。

人と人とが関わっていくなかで僕は誠意が一番大事だと思う。

関係に誠意があるかどうかは、どんなに耳障りの良い綺麗な言葉を並べようが、どんなに笑顔を作ろうが必ず伝わる。

大事なのは心と心が繋がっていること、もちろん心だけでは上手くいかない時もたくさんあるけど、まず大前提として心ありきだと思う。

いやー、良い人生だった。

日々のルーティーンの変化

毎日何気なくしていることって知らない間に当たり前になります。

毎週何気なく会っていた友だちと会わないだけで、

「あれ?今週は何かが足りないな」と思ってしまうことがあります。

それだけ日々のルーティーンってあるんだなと思ってしまいます。

私の場合は彼氏は特別な日に楽しく会う存在でした。

けど結婚をして彼は私の彼氏ではなく夫になり、日々は一転しました。

日常を共に生きるようになると、どうしてもイライラしたりします。

彼のことが好きだったはずなのになぜだろうと思わずにはいられません。

けど私、日々のルーティーンにまだ彼という存在や自分が専業主婦になったことが入っていなかったと思ったんです。

これからもっと日々を長く進めていくことで自分のルーティーンが新しくできていくことが面白いなと思い始めました。

今はまだなかなかうまくいかないことに自分自身にイライラしたり、相手にイライラしてしまいます。

けど、そう感じているからこそ母親の偉大さに気づかされました。

母はすごいと思うととともに私もそんな母親になりたい感じました。

そのためにも、もっともっと努力していくしかないのです。

生活が変わることはあまり得意ではないけれど、今後の生活をよりよくするために頑張ろうと思います。