雪国の宿命?ガタガタ道と鬼渋滞

本格的な冬らしい季節になってまいりました。

私の住んでいる北海道は早朝刺すような氷点下の世界。かと思えば日中天気が良ければ道の雪が軽く溶けるような暖かさ(とは言っても大体0度か1度)。そして陽が沈むとまたしてもどんどん気温が下がるまさに試された大地であります。

そんなんだから日中中途半端に溶けた道路の雪が夜にまたカチカチに凍り、翌日また溶けるの繰り返しで幹線道路から一歩入った中道などはいたるところに穴ぼこだらけのガタガタ道路。運転に集中しないといきなりドカン!と穴にタイヤが落ちてびっくりするし最悪車に強烈なダメージを食らわせます。

そして昨年末には記録的なドカ雪で除雪が間に合わず、普段片側3車線の道路が1車線になっちゃうくらいの異常事態がややしばらく続き、連日連夜の大渋滞。普段1時間もかからない道のりが3時間走っても着くか着かないかの大混乱でした。

雪が無くなるのはちょっとだけ寂しいけど、もう少しだけ春よ早めに来てください!