キャッシングの申込みは信用情報と照らし合わされる

キャッシングの申込時に記入した内容は、スコアリング審査を通過すると本審査段階で信用情報と照らし合わせることになります。金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会を行えば、過去5年間の金融取引が確認出来るので、金融事故の有無がすぐに分かります。

他社へ申告している内容と相違があれば、その時点で審査落ちとなりかねません。新たにキャッシングの申込みをする前には、他社契約があれば事前に勤務先や連絡先情報を更新しておくと良いでしょう。金融業者が行なう本審査では、申込者がどの程度正直で信用に値するのかという点を審査するので、年収の大小よりも信用できるかどうかという点が重視されます。

まずは審査に通過した上で利用限度額が決まるので、審査落ちを避けるためにも個人信用情報機関へ登録されている信用情報は最新になるよう注意すべきです。

キャッシングの審査と利息・返済方法について

今回は過去に消費者金融やクレジットカード会社からキャッシングを頻繁に借りていた僕が、これからキャッシングを始めようとしている人のためになる情報を書きたいと思います。まず、入会するにあたっての「審査」についてですが、一応働いていれば、雇用形態や年収はあまり関係なくカードを作ることはできます。

新規入会の時点で「こいつは年収うん百万だ」とはカード会社は調べないらしく、月の収入5万円程度のパートのオバチャンでも可能です。なので収入面では気にしなくても大丈夫ですが、過去にブラックリスト登録されていたりしなければ何の問題もありませんのでご安心ください。

色々な消費者金融会社があるので比較に困りますが、返済日や返済額の変更、増額返済への対応など融通が利く会社を選ぶことをオススメします。イキナリ店舗に行って契約するのではなく、まずはインターネットでそれぞれの特徴を調べてから最善の会社と契約しましょう。会社によって異なりますが、申し込みしてから数日でカードが届く、もしくは使用可能になるのでそこまでまたされたりはしません。

早いところでは即日発行&借り入れ可能です。ひとつだけ注意しておいてほしいのは、未成年および学生については法律で消費者金融とは契約できないので肝に念じておいてください。ただし成人の学生は問題なく借りれます。なお、借りた時点で利息が発生しますが年利15%前後です。5万円借りると5250円という結構な額を払うこととなりますので借り入れは計画的にしましょう。