個人向けの経済政策を行うとしたらそれはベーシックインカムでしょう

一般的に経済政策というと企業や自治体向けの政策という印象なのですが、個人向けの経済政策を行わなければならない時期に来ているのではないかと思います。

例えばアベノミクスというのは簡単に言えば株価を無理やり上昇させ不景気の原因であるデフレを解消する為にインフレへ誘導し景気を良くしようというものですから、

どう考えても大企業向けの経済政策だと思います。

個人はただ儲かった企業から一時金をもらうかベースアップを期待するしかないのですが、それも一部の大企業に関連する人達だけに許された特権みたいなものにしか思えません。

ですから大多数の個人にはいくら待ってもアベノミクスの恩恵にあずかれたという実感がわかないという不満があるはずです。

それでは購買意欲が高まるわけがないし買い手が少ないのですから2%のインフレなんかになるわけはないのです。ですから直接アベノミクスの成果及び恩恵を社会の底辺にまで行き渡らせる手段としてのベーシックインカムの導入はありだと思います。それこそが個人向けの経済政策ではないかという気がします。

まだベーシックインカムの反対派がいるようですが、そのうち誰も反対しなくなると思います。

もう社会はそれを許容しなければやっていけないところまで来ているからです。