人気アイドルグループ「TOKIO」の今後について

4月25日に人気男性アイドルグループ「TOKIO」の山口達也氏が引き起こした強制わいせつ事件で、今「TOKIO」が大ピンチに立たされています。

山口達也氏が起こしてしまった事件は決して許されるものではなく、山口氏には書類送検の上で起訴猶予処分がついています。

これは事件の諸事情を考慮して起訴はしないが犯罪の事実はあったということで、山口氏は無期限謹慎処分になっています。

「TOKIO」は山口氏以外に4人のメンバーがいるのですが、5月2日に記者会見を行いました。

この記者会見の意図しては、「TOKIO」のリーダー城島茂氏によればまずは被害者への謝罪がまずあったということです。

しかし山口氏をグループとしてどう扱うのかは不明であり、現時点では「TOKIO」5人での音楽活動は白紙になっています。

それからほかの4人のメンバーが今やっている仕事は継続しながら、今後の展開を考えると言っていました。

この件に関しましてはメディアでかなり話題になっていますが、なにしろ20年以上もずっとやって来た仲なので難しい問題があると私は感じます。

他の4人が今している仕事を投げ出すことはそれこそ迷惑をかけることになるから、プロとしてその仕事を継続するというのは正しいと思います。

日本のアイドル界の頂点にいるグループの今後については、どのようになるのか注目であります。