日々のルーティーンの変化

毎日何気なくしていることって知らない間に当たり前になります。

毎週何気なく会っていた友だちと会わないだけで、

「あれ?今週は何かが足りないな」と思ってしまうことがあります。

それだけ日々のルーティーンってあるんだなと思ってしまいます。

私の場合は彼氏は特別な日に楽しく会う存在でした。

けど結婚をして彼は私の彼氏ではなく夫になり、日々は一転しました。

日常を共に生きるようになると、どうしてもイライラしたりします。

彼のことが好きだったはずなのになぜだろうと思わずにはいられません。

けど私、日々のルーティーンにまだ彼という存在や自分が専業主婦になったことが入っていなかったと思ったんです。

これからもっと日々を長く進めていくことで自分のルーティーンが新しくできていくことが面白いなと思い始めました。

今はまだなかなかうまくいかないことに自分自身にイライラしたり、相手にイライラしてしまいます。

けど、そう感じているからこそ母親の偉大さに気づかされました。

母はすごいと思うととともに私もそんな母親になりたい感じました。

そのためにも、もっともっと努力していくしかないのです。

生活が変わることはあまり得意ではないけれど、今後の生活をよりよくするために頑張ろうと思います。

気温の変化に対応をするということの大切さ

暑さ寒さも彼岸まで、という言葉があるそうです。

暑いと感じるのも寒いと感じるのもお彼岸の時期まで、という意味なのだそうです。

しかし今はちょっと状況が変わってきています。

お彼岸を迎える9月の下旬まで暑かったり、3月の下旬まで寒いということもあります。

気温の変化が激しいと体調も崩しやすくなってしまいます。

人の体は気温に対しての対応もしっかりできるはずなのですが、急激な温度変化が起きてしまうと、その対応がしっかりできないということもあります。

そうすると抵抗力も弱まってウィルスが侵入して、そのウィルスによって風邪の症状が引き起こされるということになってしまいます。

暑さ対策、寒さ対策というのは常に考えておかなければいけないのかもしれません。

季節の変わり目に体調を崩す人が多いというのも、急激な気温の変化が関係をしているのだと思います。

体調がちょっとおかしいかな、と感じるようになったら、できるだけ早めの対処をすることが大事です。

風邪のひき始めの体のちょっとした変化も個人差があると思うので、自分で風邪っぽいなと思ったら、対処方法を考えなければいけないと思います。

風邪のひき始めの対策も絶対にこれがいい、ということがあるわけではないと思います。