今になって「家庭科」の勉強をするとは・・・

筋トレのことなのですが。

僕は今まで「筋トレは、気合と根性だ!とにかくやれば、筋肉は大きくなる!」と、思ってました。

それで、きちんと定期的に筋トレをしていたのですが、なかなか理想としている筋肉になりません。

先日、筋トレ仲間に「俺、ちゃんと筋トレしてるのに、なんでたいして大きくならないのかね・・・?」と聞いてみました。

ちなみに僕の身体は、身長が174cm、体重が60kg、体脂肪率が7%、筋肉量が52kgです。筋肉質ではあるんです。

仲間のJが「飯、食ってますか??」

僕「少食だけど、ちゃんと食べてるよ。」

J「それじゃ、ダメですね。」

僕「??何が??」

J「筋肉がデカくなる時は、必ず体重が増える時なんです。だから、めっちゃ食って、体重を増やさないと、筋肉はデカくなりませんよ。」

僕「そうなの!?」

J「それに鶏肉ばっかでもダメです。P:タンパク質、F:脂質、C糖質、をきちんとバランスよく食べないと意味ないです。」

僕「中学の家庭科で習ったな・・・アレか!!」

J「そうです、アレです。家庭科が大事なんです。」

僕「俺、主要5科目しかちゃんとやってなかったなぁ・・・家庭科、大事だな。」

J「タンパク質だけ摂っても、吸収される量は決まってるんで、エネルギーが足りず、筋肉が壊れますよ!」

僕「そうなんだ・・・米を食うかな。」

スポーツは科学です。改めて思いました。